無線LANの通信方式

ここでは、「無線LANの通信方式」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
 corega DRAFTn
 

      いきなり載せていますが、上記の写真は【COREGA】の
      Draft IEEE802.11n準拠の無線ブロードバンドルータの
      セットモデルです。

      無線も安くなりましたね・・当初は、速度も遅く価格
      も高かったのですが(^^;)

      商品については、前に紹介した(?)ような気がしますの
      で今回は、無線LANの通信のしくみを簡単に説明しますね!


      <無線LANの通信方式>

      無線LANに割り当てられた電波には、2.4GHz帯、5GHz帯
      などがあります。

      11aには、5GHz対を、11b、11gには2.4GHz帯を利用して
      います。

      特徴としては、11aは、5GHz帯を利用しているので、他の
      周辺機器などからの干渉を受けにくい利点があります。
      11b、11gは同じ帯域を利用しているので、子機通しの通信
      が可能です。

      無線LANでは、干渉によるノイズの影響を受けにくい
      「スペクトラム拡散方式」と「OFDM」を利用しています。



      【スペクトラム拡散方式 (11b)
      一度、拡散符号の信号を掛け合い送信し、元の信号より
      広い周波数に広げて変換する。

      特定の周波数にノイズが入っても広い周波数に拡散される
      ため、データは元に戻ります。



      OFDM (11g,11a)
      48の搬送波を用意して、それぞれの搬送波にデータを並列
      に運びます。送受信で搬送波が重なっても分離し統合します。

      ノイズが重なっても、特定の搬送波だけなので影響が少ない。



      MIMO (IEEE802.11n)3本のアンテナ
      最近、登場した 11nに採用されている通信方式です。
      最大130Mビット/秒以上の伝送速度を可能にしています。

      送信側は、複数のデータを複数のアンテナから同じタイミング
      と同じ周波数で1度に送信します。
      (例)ABデータを送信する際
         アンテナ1からAを3本に向けて送信
         アンテナ2からBを3本に向けて送信
         アンテナ3からA+Bを3本に向けて送信


      私も目に見えるものでは、無いので(〃_ 〃)ゞ ポリポリ
      【COREGA】の商品には、300Mbpsが可能みたいですね・・・
     すごいです。気になる方は、見てみてください!



   

   PC周辺機器のコレガダイレクトショッピング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbarepc.blog32.fc2.com/tb.php/94-dabe9ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。