高速バックアップツール!【 Backup 】

ここでは、「高速バックアップツール!【 Backup 】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






Backup_logo.gif 

【 Backup 】
 ■対応OS:Windows 98/ Me/ XP/ Vista/ 7
  作者:Sota 氏


今回は、バックアップツールを紹介します。
作者は「FFFTP」の作者で高速なファイルバックアップツールを提供してくれています。


 ○ Backup ダウンロード


上記のリンク先からダウンロードお出来ます。
(Windows 98/ Meは別バージョンになります)


Backup_install.gif 

ダウンロードが出来たら早速インストールしてください、特に迷うことなくインストールは出来ると思います。


Backup_icon.gif 

インストールが終了するとデスクトップ画面に上記のようなアイコンが表示されると思います。


Backup_kidou.gif 

起動画面です。非常にシンプルなインターフェイスです。


Backup_settei.gif 

早速、設定を始めましょう。
「新規追加」をクリックして下さい、最初に「パターン名」をつけましょう、自分に分かるように決めて下さい。


Backup_settei2.gif 

「パターン名」を付けたら次は、「バックアップ元」と「バックアップ先」の選択です。「バックアップ元」を選んで保存したい「ファイル」又は、「フォルダ」を選択します。

(例)デスクトップをすべてバックアップしたい場合
フォルダ検索から 
 
・XP        :C:Documents and Settings\ユーザー名\デスクトップ
・Vista,7 :C:\ユーザー\ユーザー名\デスクトップ


「バックアップ先」では、どこに保存したいかを決めて選択します。
(例)外付けHDD(Eドライブだったとします)の「DATA」と言うフォルダにバックアップ。
フォルダ検索から

E:\DATA


Backup_settei3.gif 

次の項目は「除外1」と「除外2」ですが、これは任意で構いません。


Backup_settei4.gif 

「オプション」の項目では重要な項目があります。

・バックアップ元にはないフォルダはバックアップから削除
・バックアップ元にはないファイルはバックアップから削除

「バックアップ元」と「バックアップ先」の設定を逆にしたらデータを消してしまう恐れもあるので上記の2点は、最初は、チェックを入れないようにしておきましょう。


Backup_settei5.gif 

「タイマ」では、この「Backup」を起動している場合に一定時間でバックアップを繰り返すことが出来ます。必要なら設定しましょう。
設定が出来たら起動画面に戻り、パターン名を選んで「バックアップ開始」をクリックすればバックアップが開始されます。


Backup_end.gif 

バックアップ終了後にエラーの数などを見ておきましょう。

このソフトのバックアップは、変更があったものだけを上書きしていくので、2回目からは高速にバックアップできるようになります!

標準の機能では、自動バックアップなどが出来ないので次回に「タスクスケジューラ」の設定方法を記載します。もし設定が面倒ならソースネクストから販売されている「マカセル自動バックアップ」などを購入すると良いでしょう!


 ○ タスクスケジューラを使用して自動バックアップする方法




モバオク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbarepc.blog32.fc2.com/tb.php/322-27e97943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。