ファイル自動振り分けツール!【 Foltid Version v1.32 】

ここでは、「ファイル自動振り分けツール!【 Foltid Version v1.32 】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    Foltid.gif   
        
     【 Foltid Version v1.32 】
      ■作者:おのたつや 氏
       対応OS:Windows XP / 2000
            ※一応、Vistaでも動作しました。     
     
     今回は、特定のフォルダに保存したファイルを自動で
     振り分けするツールを紹介します!(*^^)v
     
     このツールは、インターネットからダウンロードをした
     ファイルの振り分けやビジネス環境でも役に立つと思い
     ます!
     
     まず、下記のリンクからダウンロードしましょう☆
     
      ○ Foltid Version 1.32 ダウンロード
     
     ダウンロードしたファイルは、ZIPになっています。
     解凍をしましょう。
     
     
     Foltid 解凍 
           
     解凍したフォルダです。
     インストールは必要ないので、まずこのフォルダを必要
     な場所に移動してから「 Foltid.exe 」を実行しましょう。
     
     
    Foltid 起動画面  
           
       クリックすると画像が拡大されます。
     
     起動画面です。
     
     
  Foltid フォルダ設定 
           
     「アイテム設定」で「監視フォルダ」と「振り分け先フォルダ」
     を指定します。エクスプローラーでクリックして指定できます。
     
     
 Foltid ファイル条件指定    
     
     「ファイル条件」を指定します。
     ファイルの名前や上記のように「 * 」(ワイルドカード)で条件を
     指定します。振り分け方法には、「コピー」と 「移動」が選べます。
     更に「同名ファイルの処理」には、 「上書き」と「リネーム」が選択
     できます!
     
     
   Foltid 警告   
           
     「 * 」(ワイルドカード)を指定すると上記のような警告
     が出ますが、「 OK 」をクリックしましょう。
     
     条件が決まったら「アイテム編集」の「追加」をクリック
     しましょう!!
     
     
 Foltid 条件内容     
           
     上記の画像のように条件指定が完成しました。
     上記の条件は、「 TESTフォルダ 」に「 PDF 」と「 JPG 」の
     拡張子を持つファイルを指定フォルダに移動するように設定
     しています。同名ファイルは、リネームです。
     
     
     Foltid 監視停止 
     
     条件が決まったら右下にある(上記画像を参照)
     「オプション」の「監視間隔」の時間を決めましょう。
     決まったら「監視停止」のチェックを外せば、監視を始めます。
                 
     後は、「最小化」してタスクトレイに入れておけば「 OK 」
     です。また、ショートカットを作成し「スタートアップ」
     フォルダに入れておけば、自動で起動できます!!(*^_^*)
     

     

     
      1500円(税込)以上で送料が無料!ぽちっとアスクル
     
     
コメント
この記事へのコメント
世界の中心で貴方を叫ぶような恋がしたいんです。愛に飢えているゆいと恋バナ話ませんか?メアドのっけてるので気になる方は連絡頂戴ねuna-cima@docomo.ne.jp
2009/10/16(金) 17:15 | URL | ゆい #XJavKSok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbarepc.blog32.fc2.com/tb.php/236-d62f9371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。