システム構成ユーティリティ(⌒^⌒)b 

ここでは、「システム構成ユーティリティ(⌒^⌒)b 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常は、診断ツールなのですが、スタートアップの項目を外すために通常の場合でも使用していると思います(≧∇≦)b

システム構成ユーティリティの起動は、「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入力し起動すると思います。ちなみに「Vista」の場合は、標準でスタートメニューの中には、無いので「タスクバー」で右クリックし「プロパティ」を選択!「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」が開くので「スタートメニュー」のタブを選択し、「カスタマイズ」をクリック「[ファイル名を指定して実行]コマンド」にチェックを入れればOKです(o^-')b


システム構成ユーティリティで変更やリセットに関係する以下のファイルや設定です!

• System.ini ファイル
• Win.ini ファイル
• Boot.ini ファイル
• スタートアップ
• 環境設定                      などです・・(⌒▽⌒ゞ

[全般]タブで使用するのは、通常トラブルシューティングに最小限の設定で起動して確認する時だと思います!普通は、触ることは無いと思います(^^;)ただ、診断をする際には、気をつけることが1点!!「システムサービスを読み込む」のチェックをOFFにすると、ログも残らないし、「システムの復元ポイント」の復元ポイントも削除されるので気をつけてください( ▽|||)

[SYSTEM.INI]と[WIN.INI]は、私は使うことがありませんので飛ばします(〃_ 〃)ゞ ポリポリ

[BOOT.INI]タブでは、ブートオプションなどを選択できます!(ただし、直接の編集は、出来ませんよ)起動の時のログを取ったり(/BOOTLOG)、セーフモードで起動(/SAFEBOOT)MINIMALはネットワーク機能なし、NETWORKはネットワーク有効のセーフモード、DSREPAIRはディレクトリサービス復元モードを意味します。MINIMAL(ALTERNATESHELL)を指定すると、エクスプローラではなく、HKML\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SafeBoot\AlternateShellで指定されたシェルを使用します( ̄ヘ ̄;)ウーン
詳細オプションでは、CPUを1つで読み込む、MAXメモリーを決めたり出来ます(^-^ゝ(私は、使いませんが・・・あはは)

[サービス]タブでは、状態の変更は、出来ませんがチェックボックスを外すと、そのサービスを読み込まずに起動できます!・・・が管理ツールからやったほうが良いかもしれません(^^;)ここで使うのは、「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れて標準ではないサービスを突き止めて、無効にするなどして、回復させたり出来ます(≧∇≦)b OK

[スタートアップ]タブは、皆さんも、ご存知でしょうから特に書きませんが・・レジストリに書き込まれているスタートアップの有効、無効を選択できます!!不要なスタートアップを外し起動を早くしているみたいですね(^0^ゞ

いろんな、スタートアップツールは、出ていますがトラブルシューティングにも使える、「システム構成ユーティリティ」を覚えると助かりますよd(>_・ )


※Windows2000を使用している人も例外では、ありませんよ!
Windows2000で「システム構成ユーティリティ」を使用したければ、WindowsXP Professionalから「msconfig.exe」と「HELPファイル」を検索で探し、コピーしてXPと大体、同じような場所に貼り付けてあげれば、XPや9xと同じように使用できます☆

Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版
(2004/10/22)
Windows

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ganbarepc.blog32.fc2.com/tb.php/19-0758698d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。