パソコン初心者として奮闘してきた日記、トラブルを紹介していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Office_Icon.gif 

Windows8が登場してOfficeも新しいバージョンに変わりました。
Officeには、CDが入っておらずインターネットからダウンロードになりました・・・最初は非常に驚きました。

 
その前に、以前の記事で【ClassicShell】を紹介しましたが、Windows8.1に対応したバージョンが登場しました!広告が表示されないため(私だけ?)【Start Menu 8】より使いやすいかもしれません。

ClassicShell404.gif 

 ○ Classic Shell 4.0.4 ダウンロード

インストール時は、英語ですが日本語表示に対応しています。


話を戻しますが、Officeの調子が悪くなった場合などは「修復」を試しましょう。まず、「コントロールパネル」の「プログラムと機能」にアクセスします。「Microsoft Office」を選択すると「変更」と言う項目が表示されますのでクリックしてください。



Office_修復  

「変更」をクリックすると「クイック修復」と「オンライン修復」が表示されます。まずは、「クイック修復」を試してください。

「オンライン修復」の場合は、インターネットに接続している状態でなければ使用できません。実際にはユーザー設定を記憶して、再インストールをしている状態になるため、Officeの「プロダクトキー」が必要になります。



Office_Install.jpg 

「オンライン修復」を選択すると少し時間がかかりますが、再インストールを開始ししています。



Office_認証 

セットアップが終わりOfficeを起動すると認証がありますので、「プロダクトキーを代わりに入力する」を選択してプロダクトキーを入力して認証をして完了です!

すでにOfficeをアンインストールしてしまった場合は、下記のリンクにアクセスしてダウンロードをして下さい!

○ プレインストール版 (PIPC) 製品インストール






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。