最近、思うこと・・・

ここでは、「最近、思うこと・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013kinngasinnnenn.gif 


明けまして、おめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました、今年もお役にたてるように頑張りますので、よろしくお願いします!!


hebi_nennga.gif 


※上記の画像は、NAVERの年賀状素材からダウンロードさせて頂きました。


 ○ NAVER 年賀状素材   
 
 
 


ダイソン オンラインストア
スポンサーサイト
 ume-1.png  謹賀新年   
                  
     
        あけまして、おめでとうございます!!
            昨年は、大変お世話になりました。
            本年も、よろしくおねがいします <(_ _)>
           
           祝 扇      
   2009年牛 祝!角松
       
     
         今年もより良いツールや商品を探していきたいと思い
         ますので、ご意見などあればよろしくお願いします!
     
         今年は、もっと見やすいブログ作りに努めていきたい
         と思います!!(*^^)v
          
     
     
         
        
 corega DRAFTn
 

      いきなり載せていますが、上記の写真は【COREGA】の
      Draft IEEE802.11n準拠の無線ブロードバンドルータの
      セットモデルです。

      無線も安くなりましたね・・当初は、速度も遅く価格
      も高かったのですが(^^;)

      商品については、前に紹介した(?)ような気がしますの
      で今回は、無線LANの通信のしくみを簡単に説明しますね!


      <無線LANの通信方式>

      無線LANに割り当てられた電波には、2.4GHz帯、5GHz帯
      などがあります。

      11aには、5GHz対を、11b、11gには2.4GHz帯を利用して
      います。

      特徴としては、11aは、5GHz帯を利用しているので、他の
      周辺機器などからの干渉を受けにくい利点があります。
      11b、11gは同じ帯域を利用しているので、子機通しの通信
      が可能です。

      無線LANでは、干渉によるノイズの影響を受けにくい
      「スペクトラム拡散方式」と「OFDM」を利用しています。



      【スペクトラム拡散方式 (11b)
      一度、拡散符号の信号を掛け合い送信し、元の信号より
      広い周波数に広げて変換する。

      特定の周波数にノイズが入っても広い周波数に拡散される
      ため、データは元に戻ります。



      OFDM (11g,11a)
      48の搬送波を用意して、それぞれの搬送波にデータを並列
      に運びます。送受信で搬送波が重なっても分離し統合します。

      ノイズが重なっても、特定の搬送波だけなので影響が少ない。



      MIMO (IEEE802.11n)3本のアンテナ
      最近、登場した 11nに採用されている通信方式です。
      最大130Mビット/秒以上の伝送速度を可能にしています。

      送信側は、複数のデータを複数のアンテナから同じタイミング
      と同じ周波数で1度に送信します。
      (例)ABデータを送信する際
         アンテナ1からAを3本に向けて送信
         アンテナ2からBを3本に向けて送信
         アンテナ3からA+Bを3本に向けて送信


      私も目に見えるものでは、無いので(〃_ 〃)ゞ ポリポリ
      【COREGA】の商品には、300Mbpsが可能みたいですね・・・
     すごいです。気になる方は、見てみてください!



   

   PC周辺機器のコレガダイレクトショッピング


       ここ数年、海外メーカーの製品が入ってきて
       パソコンの価格が急激に下がってきましたね。
       もちろん購入する側から見れば、良いんですけどね!


       いつも日本のメーカーは、やっていけるかなと
       心配しますね・・・(^^;)
       特に、【DELL】や【HP】は、恐ろしい価格を出して
       きますね。日本では、とても出せそうに無い価格を
       出してきます。

            HP.jpg
                              日本hp


       以前にも紹介しましたが、【HP】から出ているプリンター
       も無線LANが付いていながら¥16,800 というのもありました。
       (今もありますが・・・)


       価格が安くなった分、修理価格は、どのメーカーも上がった
       みたいですが・・・全部あがっているみたいなので気にして
       もしょうがないですね ( ▽|||)


       HPは、インターネット上でよくキャンペーンをやっています。
       かなり昔から激安ノートを台数限定で販売しています。
       もう6年前に購入したノートは、現役で動いています。
       ソフト類がOSのみなので初心者向きでは、無いかも知れません
       が安く新品を購入したい方は、何度もホームページを確認して
       おいたほうが良いですね!





日本HPのノートブックPC お買い得キャンペーン情報!!








       2011年に、アナログ放送が終わります。
       地上デジタル放送は、映像もキレイで新しい時代という
       実感があります。アナログ製品もほとんど製造されなく
       なりました。(VHSやブラウン管テレビなど)


       DVDレコーダーが出たかと思えば、ブルーレイやプラズマ
       、有機テレビなど・・・何をいつ買えば良いのか消費者も
       困るんじゃないかと思います。


       私は、テレビが壊れて(ブラウン管)(〃_ 〃)ゞ
       何を買うのがいいのか悩んで現在は、ワンセグでしのいで
       います・・・(^^;)



        ちなみに【ワンセグ】とは、

       地上デジタル放送では、1つのテレビ局に、6MHzの周波帯域
       が与えられています。6MHz(6000KHz)これを
       約430KHzずつ13のセグメントに分けています。

         430KHz×13=5590KHz

       そのうち、12セグメントを使用してデジタル放送用に使い
       残りの1セグメントを携帯用のワンセグ放送に使うことが
       出来ます。

       1つの番組をデジタル放送とワンセグ放送の両方に向けて
       放送できるようになっています。

       ※余談ですが、アナログ放送のデータ量は、約4セグメント
        分です。なので、放送局が標準画質にして3つの放送を
        流すことも出来ます。

       B-CAS.jpg


       地デジ放送には、【B-CASカード】が必要になります。
       これには、困ったことですが・・・この【B-CASカード】
       が付属する製品が今のところは、限られています。


       DVDレコーダーや液晶テレビには付属するのですが・・・
       パソコンのキャプチャーカード関係には、標準では、
       (現在では)付属していないです。

       メーカー製のパソコンで地デジが見れるパソコンには、
       最初から付属しているので問題は、ありません。
       NEC, SONY, DELL, FUJISTU, DELL,など


       後からパソコン用のキャプチャーボードなど買っても
       現在では、受信装置に当てはまらないらしいです。
       日本くらいらしいですが・・困ったものです。


       パソコンで地上デジタル放送を見たいのであれば、メーカー
       製のパソコンを購入してください。



    デル株式会社

                   デル株式会社


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。